豚(ブタ)プラセンタのメリットとデメリット

豚プラセンタの良い面と悪い面を知る

プラセンタは高価というイメージがありますが、安価に摂取できるようになったのは豚プラセンタの登場によるものでした。
今回は、この豚プラセンタについて、「良い点」と「悪い点」の両方から見てみようと思います。

ものすごい種類のあるプラセンタ商品の中から、選び出すのに、事前に悪い点と良い点を理解しておくと、一つの基準が出来て選びやすいですよ(*^_^*)

豚プラセンタのメリット

あなたは、つい最近までヒトや牛のプラセンタが健康食品や化粧品に使用されていたことをご存知ですか?

「え?ヒトのプラセンタを使っていたの…?」と驚いてしまった方も少なくないかもしれませんね。

実は、最近では病気などの理由により、ヒトや牛のプラセンタを使うことが非常に難しくなってきています。

その反面、世間では爆発的なプラセンタ商品人気に拍車がかかり、深刻な材料不足に見舞われていました。

そこで力を発揮してくれているのが、現在プラセンタ商品で多く活躍している<豚プラセンタ>なのです。
特に“美容用”で使用されるプラセンタは、その多くが<豚プラセンタ>になっています。

先ほども少し触れたとおり、ヒトや牛のプラセンタを使用するにあたり、病気等の問題と常に直面してきたため、<豚プラセンタ>商品を選ぶ際にも 副作用等の問題が気になってしまいがちですが、そこはご安心ください。

この<豚プラセンタ>は厚生労働省にも認可されており、安全性や有用性も確認されているため、わたしたち消費者にとっても非常に信頼のおける成分だといえるのです。

これら<豚プラセンタ>の商品は、非常に手頃な値段で市場に出回っているため、わたしたち消費者の負担も少なく済むというメリットも忘れてはいけませんね。

豚プラセンタのデメリット

<豚プラセンタ>は、人間の細胞と近いものがあり、その有用性はきわめて高いと報告されています。

昨今、数々のプラセンタ商品に使われているのにも納得ができるのですが、実はその飼育方法がちょっとした問題になっています。

通常、一カ所で大量の豚を飼育しているため、 やはり感染症などの問題が懸念されてしまうのです。
これらの予防策として、抗生物質やワクチンなどの薬剤を豚へ大量に投与せざるを得ないという現状があります。

つまり、わたしたちの手元に“商品”として安全に届けるためには、プラセンタ抽出の際、“菌の繁殖”を抑えるための“殺菌処理”が必要不可欠となってしまうのです。

安全のためとはいえ、この殺菌処理等の工程を踏むが故に、プラセンタの有用成分の多くが失われてしまう可能性があるということも、また事実なのです。

ただし、デメリットをそのままにしておいては市場に多く出回るはずがありませんよね。

そのデメリットを解消すべく生まれたのが“SPF豚”というものです。

これは、日本SPF豚協会が定めた衛生管理法を用いて、抗生物質などを一切投与せずに育て上げ、厳しい基準を通過したものにのみ与えられる称号です。

“SPF豚”を原料にしているものは、安全性が高いといえるので、今後あなたが商品を選ぶ際には最も重要視すべき点といえるでしょう。

豚プラセンタ 人気商品

さて、豚プラセンタの良い面と悪い面を確認出来たかと思いますが、今豚プラセンタで一番人気の商品が気になりますよね。

1番人気のあるのは、“プラセンタつぶ5000”です。

人気のある理由としては、まず安さ! メリットである安さをしっかりと商品価格にも反映できています。1粒あたり34.7円と非常に安価に取り入れることができます。

また、45粒のお試しプランが用意されているのも人気の秘密の1つ。 お試しプランでは価格も980円と手軽に買えます。しかも送料も無料なんですよ♪

豚プラセンタでどれがいいのかなー?と迷われている方はまずは人気のプラセンタつぶ5000を試してみるのがおススメ。


プラセンタ人気ランキング

  • 総合ランキング
  • お試しランキング
  • 馬プラセンタランキング
  • 豚プラセンタランキング

人気デイリーランキングTOP5

2月19日更新