プラセンタの副作用について学ぶ

あなたは大丈夫!?プラセンタの副作用

最近よく耳にする「プラセンタ」。 シミ・美白・しわなど、美容面に幅広く効果が期待できるとして今女性に注目の美容成分ですプラセンタを活かしたサプリメントなども数多く販売されるようになり、日本ではヒト由来のプラセンタは医薬品としても取り扱われています。

ちなみにプラセンタ注射で使える「プラセンタ」は、人間の胎盤由来のもののみです。医薬品以外の健康食品や化粧品など使用されるプラセンタエキスは、主にブタや馬、羊の胎盤から採取しています。少し前までは一般的に牛のプラセンタが使用されていたのですがBSE問題により牛の胎盤の使用が禁止され、現在は豚の胎盤を由来とするものが一般的です。

医薬品として使われるプラセンタには特に重大な副作用の報告例はありません。
サプリメントタイプのプラセンタも同様です。しかし、重大でないものの、軽度の症状、悪寒・発熱・発疹・悪心などが見られたというケースがあります自信が持つアレルギーや、必要以上の過剰摂取が原因で起こることが多いようなので一概に「プラセンタ」そのものが悪いとは言えませんが、プラセンタにはデメリットがあるのも事実です。

手軽!!だけど…プラセンタサプリメントによるデメリット

プラセンタによるデメリット、その一つに「献血・輸血が出来ない」といものがあります。
輸血や臓器移植同様、医療用プラセンタはヒト由来の臓器から製造されており、感染事例はないものの、未だに解明されていない重大な病原菌の感染リスクを否定できないため、プラセンタ注射を受けた人には献血が制限されるようになりました。

感染の影響を恐れての判断ですが、歴史がそれほど長い成分でもないので今後の研究により献血なども可能になるかもしれません。アレルギーを持っている人は注射前に医師にちゃんと相談しましょうね。

またプラセンタ注射のデメリットとしては「費用が高いこと」もデメリットの1つと言えるでしょう。

また、医療用以外、つまりサプリメントや健康食品に関するプラセンタの副作用に関するデータは詳細な報告はなく、安全性・有効性を確実にする十分なデータは見当たらないというのも事実です。


プラセンタ人気ランキング

  • 総合ランキング
  • お試しランキング
  • 馬プラセンタランキング
  • 豚プラセンタランキング

人気デイリーランキングTOP5

2月19日更新